塾長フォーラム③ これからの社会人に必要なもの

塾長フォーラム久々の投稿です。

今回は社会人にとって必要なものを題材にしています。

沖縄本島より北に41kmほど南にあり、観光客がめったに来ない、自然がそのまま残っている美しい『伊平屋島』という島があります。ところが美しいものにはトゲがあるもので沖縄のトゲは、あの恐ろしい毒蛇、『ハブ』なのです。このハブ退治のためにマングースを輸入し放ったところ、これまで生活していたインドと違い、飽食の日本で肥満化し、過保護育ちとなり、ハブの天敵であるはずのマングースが、逆にハブに負けてしまうようになりました。

人間もこのマングースのように過保護に育てれば、いま世界の先進国で社会問題となっている「ピーターパン症候群」のような大人になれない人間が育ってしまいます。同じ環境下で、男の子と女の子を徹底的に過保護に育てると男の子は特に『ピーターパン症候群』に陥りやすいと言われています。

子供をピーターパンにしてはいけません。時には突き放すこと、ほっとくのも教育だと思います。

天才期の子供たちは、親に接する時の顔、学校の先生に接する時の顔、友人に接する時の顔、この3つの顔をフル回転して前頭葉を働かせ、また自由に遊ぶことによって発想を豊かにし、個性を育んでいきます。

大人は「雪が溶けたら水になる」と答えます。天才期の子供たちは「雪が溶けたら春になる」と答えます。

この天才たちを決してピーターパンに育ててはいけません。

これからの社会人に必要なものは『V・S・O・P』の4点です。

Vはバイタリティー、活力・パワー強い大人に育てましょう。

Sはスペシャリティー、一つのものに強くなる・好きなものを探し出す。

Oはオリジナリティ、天才の発想、独創を大切に。

Pはパーソナリティー、人がら=人間性。

以上の4つによって、豊かな人間性が生まれるのです。

このV・S・O・Pを踏まえながら私共は塾人として、『天才たち』を育てていこうと考えております。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA